自社の強みを売上につなげる!「実践アブリダスマーケティング」byブレークスルーアカデミー

『自分たちらしい経営』をあぶりだす「アブリダスマーケティング」のブレークスルーアカデミー代表大西のブログです。工務店のホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりをきっかけに、工務店の売上アップをお手伝いしています。

自社の強みを売上につなげる!「実践アブリダスマーケティング」byブレークスルーアカデミー イメージ画像

2017年07月

今日も一日チラシの制作。うち1つは、制作業者さんを通さずに自前でデザインまで担当。デザインと色のセンスというのは後天的にはなかなか身につかないものですね…。思い通りにいかなかくて予想以上に時間がかかってしまいました。イベントの現場地図を作るのなんて10年ぶり
『力技【1697日目】』の画像

クライアントの工務店さんにてイベントの企画会議。 (写真撮り忘れました…)他社のイベント成功例をパクれば簡単かつ早いのですが、1.いつまで経っても自社で考えるチカラが身につかない2.結果に対して原因を知ろうという意欲がわかない3.「自分たちで考えた企画だからどう
『イベント企画会議【1696日目】』の画像

コンサルティングをしていて必ず直面するのが「人材」の問題。「考えられる人がいない」「任せられる人がいない」「結果を出せる人がいない」などなど、営業や集客効果をアップさせるウラ側には人材育成の課題がセットになっています。弊社のモットーは人を活かして企業の地
『悔しいのなら【1695日目】』の画像

今日は名古屋へ。午前中にひと一仕事終えた後、昼過ぎから愛知県体育館にて相撲観戦。ちょっと時間があったのでミーハーに力士の入り待ちをしてみました。もの凄いピーカンの天気で、力士よりも汗だくに・・・。炎天下の中ねばった甲斐あって、我が家のお気に入りの貴景勝関
『名古屋へ【1694日目】』の画像

クライアントさんのチラシ制作。一般的に反応が悪い「構造見学会」ですが、小難しい構造の話に少しでも関心を持ってもらうチラシにするべくラフを7稿まで作成。最終的には手紙スタイルに落ち着きましたが、まだまだ改良の余地ありです。ターゲットは女性なので、クライアント
『7稿【1693日目】』の画像

今日は久しぶりにゆっくりお風呂に入れたのでこちらの名作を読み直し。 第二次世界大戦当時の日本とドイツを舞台にした手塚治虫の晩年の代表作、「アドルフに告ぐ」。 ドイツ外交官の息子で日独ハーフのアドルフ・カウフマン。神戸でパン屋を営むユダヤ難民の息子
『アドルフ【1692日目】』の画像

住宅業界紙の連載用の原稿書き終了。今回からいよいよUSP(応援される会社の想い・使命)の作り方のコツを細かく説明しています。このUSP作成会議。ワークをやると盛り上がるんですが、文章にするとどうにも小難しくこねくり回す感じになってしまいますね…。「読んだけどよ
『12年【1691日目】』の画像

今日は、すっかり雲の上の存在になったT商工会議所のYさん。本来であれば弊社に来ていただくこともおこがましい立場になられたのですが、無理矢理ゴリ押しをして、弊社のPRの仕方についてのアドバイスをしにお越しいただきました。(一応弊社は会議所の会員なので権利はあり
『最適解【1690日目】』の画像

今日はクライアントさんの構造見学会のチラシの作成や、資料請求があった際の初回送付資料の企画のまとめなど、一日こもりっきりの作業デー。順調に進行していますが、仕上げまで精査する作業が山積みなのでしっかり進めたいと思います。月末まで根を詰める作業が多いので、
『はじめて【1689日目】』の画像

和歌山県のこだわり工務店さんでの月イチコンサルティング。素晴らしいデザインセンスと技術をお持ちで、すでの固定ファンが多数存在している「応援される工務店」さんです。しかし、「センスは人それぞれなので、あれこれ説明するよりもお客さんが見て感じてくれればいい」
『こだわりを伝える【1688日目】』の画像

↑このページのトップヘ