今日は工務店が活用している動画を徹底研究。

完成物件を見せるもの。
お客様の声を見せるもの。
建築途中を見せるもの。
人を見せるもの。
建築のコツを見せるもの。
大工の技を見せるもの。

いろんな種類の動画があり、クオリティーも千差万別。


Youtube上での再生回数が多いものが面白いかと言われればそうでもなく、動画のプロに外注したであろう動画が見やすいかと言われればそうでもない。

かといって、ただ撮影したものに文字を入れているだけのものも見たいとは思わない。



動画活用の重要性が叫ばれて久しいですが、作り方そのものよりも結局は「なんのために」動画を作るのかが大事なのかなと思います。


企画・撮影・編集・Youtube活用法と、様々な知識とセンスが問われる媒体だけに、地場工務店さんが自力ですべて賄うのは難しい気がしますが、毎回外注に出していては更新頻度も遅くなるし、なにより莫大な費用がかかってしまいます。


予算をかけず、今いるスタッフとスマホで自製しながら、尚且消費者が見て面白くファンづくりや契約につながる動画とはいったいどんなものなのか?


最適解を求めて、もう少し研究を重ねていきます。






000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!





工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー