年末はギリギリまで忙しくて会社の大掃除ができなかったので、年が明けてから少しだけ整理。

もう本棚がいっぱいで溢れかえっていたので、今後読まないであろう本をまとめて処分することにしました。


「独立したての時はこんな本読んでたな~」

「第三次創業の時は、同じ創業でも全然違う本に関心があったなぁ~」

「クライアントさんの社員育成に力を入れるようになってからは、マーケティングよりも組織運営、モチベーションアップの本を大量に読んだな~」


などなど、本の表紙を見る度にその時に悩んでいたこと、興味があったこと、目指したかったことがはっきりと思い出されます。



『本を見ればその人が分かる』

という言葉はそのとおりだと思います。



私も初めての工務店さんにお邪魔する時は会社の本棚を見せていただくことが多々ありますが、「あ~この社長はこういう考え方なんだな」と理解するヒントが隠されているので重宝しています。そのためにはこちらが先にその本を読んでないとダメですけどね。


最近ビジネス書関連の読書量が減ってきているので、スペースのできた本棚を再びいっぱいにするべく、いろんな分野の本を読み漁らないといけないですね。


amazonでは自分の関心のあるものか売れ筋のものしか目に入りにくいので、本屋にふらっと行って背表紙のタイトルで衝動買いしたいなぁ…

今主流のレコメンド機能では外部からの衝撃的な刺激を得にくいので、逆レコメンドというか、全然違うジャンルや正反対の価値観の本などを強引に勧めてくれる機能があればいいのにと思います。

本屋やレコード屋の「店員のオススメ」のおかげで、自分が知らないジャンルにたくさん出会えた経験は何事にも代えがたいですからね。


50歳に手が届くようになった今、どんなタイトルの本を手に取ろうとするのかを、ちょっと客観的に楽しみたいと思います。(ガンダム本の可能性もありますけど(笑))








000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!






工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー