ロバのおじさん チンカラリン
チンカラリンロン やってくる
ジャムパン ロールパン
できたて やきたて いかがです
チョコレートパンも アンパンも
なんでもあります チンカラリン


松山に住んでいた小学生時代、ロバ(小さい馬だったような気も…)が実際にワゴンを牽いていた「ロバのパン」を見てワクワクしていました。

数回しか見た記憶がないですしパンの味もまったく覚えていないのに、このメロディーはなぜか最後までスラスラ歌えます。

テレビコマーシャルでもやってたんですかね?




そんなロバのパン。

なんと今でも4店だけ営業をしているというニュースがあってびっくり。



♪ロバのおじさんチンカラリン…昭和30年代に全国で170店あった「ロバのパン」、今は4店
Yahoo!ニュース



1004



さすがにロバではなく完全に自動車での移動販売だそうですが、もう消滅してしまったとばっかり思っていたのでちょっとほっこりしますね。

※記事中の「ちゃっかり」という表現は間違ってる気がしますけど(笑




それにしても、歌の記憶力ってすごいなと思いますね。

このロバのパンに限らず、「およげ!たいやきくん」や「できるかな」なども、数十年聴いてないはずなのに大体覚えてますもんね。



一方で、マーケティング的に大事だと言われる視覚の記憶って結構な曖昧な気がします。


目からは日々膨大な量の情報が飛び込んでくるので、あえて脳が忘れていくような仕組みになっていると言われているとおり、風景とか人の顔とか映画のシーンなどもぼんやり覚えてはいるものの、細部までは正確に思い出せません。


それが聴覚での記憶となると、これまた小学生低学年の頃に自作したレインボーマンのめっちゃ長い替え歌を、今でも最後まで歌えたりします。(今40年ぶりにやってみたら歌えました(笑))
 


もしかしたら…

耳から入る企業ソングって大事なのかもしれませんね…







000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!





工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー