とあるフリーダイヤルから着電。


私「はい、ブレークスルーアカデミーです」

相手「NTTの工事会社ですが社長はいらっしゃいますか?」

私「私ですが」

相手「実はエリア内のフレッツ光の工事が完了してまして、何もしていただかなくても電話とFAXの回線がひとつになってお安くなっています」

私「はぁ」

相手「営業の電話ではなく確認なのですが、屋内の設備環境を確認させていただく必要があります」

私「はぁ」

相手「NTTさんの方からも『営業はするな』と念を押されておりまして、今回は確認の電話となります」

私「はぁ」

相手「確認なんですが、FAX番号は何番でしたでしょうか?」

私「◯◯◯◯ですが」

相手「ありがとうございます。つきましては、設備の確認のために訪問させていただきたいのですが、今からお時間はあるでしょうか?」

私「は?今から?それは無理です」

相手「そうですか。では明日はいかがでしょうか?現在の回線の明細をご用意いただきたいんですが」

私「なんでそんなものがいるんですか?」

相手「あくまで営業ではなく工事の確認用ですので」

私「いりません」

相手「営業と勘違いされてませんか?」

私「営業ですよね?」

相手「いいえ、営業ではなく確認のお電話です」

私「もういいです」ガチャ




とまぁ、細かい内容は忘れましたが、こんなやり取りでした。

実は一回アポを取られたんですけどね(苦笑




ネットで電話番号を調べてみたらやっぱり回線工事の営業会社で、そのしつこさに辟易している会社の圧倒的な書き込み量に笑ってしまいました。



なんとか社長につなぐ。
なんとか面談に持ち込む。
なんとか電話を切らさないようにする。
なんとか請求書や明細書を見る。


そのために一生懸命トークスクリプトを考えているのは企業努力だとは思いますが、NTTの名前を出して営業じゃない確認だなんてウソはダメでしょ。

この手の電話はよーーーくかかってきますが、今回のはなかなか手の込んだテレアポ手法だったので取り上げてみました(笑







000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!





工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー