コロナDV、コロナ離婚という言葉が頻繁にニュースで流れてきます。

外出自粛・テレワーク・子どもたちの休校などで、普段家に居ない家族がずっと自宅にいるケースが増え、家族それぞれのイライラが募って限界点を超えてしまう…というのが主な原因だそうですね…



「夫婦の絆」も破壊するコロナ禍の恐ろしい作用
閉じこもり生活でもソロ時間の確保が重要だ
東洋経済オンライン


939



先の見えない現状を乗り切るための孤独な戦いには家族の協力が欠かせないはずなんですが、顔を合わせる時間が多くなればなるほど不満が募ってしまうというのはなんとも悲しい話です。



住宅の間取りは、「家族みんなで集まる」ことを中心に考えられることが多いです。

平時であれば家族が集まる時間がなかなか取れないため、リビングを中心に会話が弾むような間取りにすることは大賛成なんですが、こうした非常事態になると「一人になりたい」時が必ずあります。

そのために必要な書斎などの小さなプライベート空間は、予算や建物面積の都合でプランニングの割と早い段階で却下されてしまうことが多いかと思います。


今回のコロナ禍をきっかけに、家族内での「ソーシャルディスタンス」が見直されるようになるかもしれませんね。

ほどよい距離感。

大事だと思います。






000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!





工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー