日本史好きな私にぴったりの本があったので思わず衝動買い。

DSC_9524


中身は日本史の教科書や参考書とさほど変わらないのですが、特徴的なのは「◯◯年に◯◯という出来事が起こった」というぶつ切りの暗記式ではなく、「誰がなぜ◯◯という出来事を起こしたのか?」という《人のストーリー》で書かれている点。

それも、小説のようなある特定の人物が主人公となったストーリーではなく、古代から現代に至るまでの「日本そのもの」を舞台とし、それぞれの時代の権力者が日本という国をどう治めようとしたのかが群像劇風に書かれています。

歴史の「前後の流れ」がとてもわかり易く、なぜそういうことが起こったのかの理由が一本の筋として自然と頭の中に入ってきます。

受験に求められる知識ではないのかもしれませんが、この本を読んだ上で受験勉強を始めればめちゃくちゃ効率が上がりそうな気がします。

私が受験生だった頃にこの本に出会いたかった!!



人に何かを伝えたい時はストーリーで語れば記憶に残りやすくなることが実感できる本でした。











000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!





工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー