人はアウトプットで磨かれる、というのは昔からよく聞く話。

人との出会いやセミナー、また本などから知識や経験を得ることはインプットですが、このインプットだけでは自分のもととして落とし込むことはできません。

その大きな原因は「分かった気になってしまう」ということ。

ところが、その内容を人に伝えようと思うと、実際に「理解」できていないと伝えることはできません。

上司などの責任ある立場になれば仕事の理解度が高まると言われますが、それも同じで、部下や社員に伝えるためにはまず自分が理解できていることが必須条件となります。


そんなことがコンパクトにまとめられているのがこちらの本。

DSC_9396


ひじょうに気づきの多い内容でした。

弊社でもクライアント先にやってもらうことが多いのですが、部下や社員さんの「考えるチカラ」と「伝えるチカラ」をレベルアップさせたいとお考えの方は、課題図書やそれぞれが読んだ本をアウトプットして人に伝えるという機会を作ってあげるべきだと考えています。

ぜひ実践を。




000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!




工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー