私の大好きな漫画「へうげもの」の山田芳裕先生が、池波正太郎の時代小説をコミカライズした作品が本屋で平積みになってました。

昨日の衝動買いに引き続き、こちらは迷わず「ジャケ買い」です。

DSC_7620



山田先生は決して絵が上手い訳ではないんですが

・ヒトコマヒトコマを静止画のように切り取る表現手法
・思いきってデフォルメする勇気
・常識にとらわれない構図
・細部に至るまで絶対に手を抜かない丁寧さ

などが組み合わさってなんとも味のある人間の描き方をされます。

その手法は今回の作品でも健在。

_20181223_213848


動きも擬音もないけれど、ザバーーン!!という音が確実に聞こえてきますよね。



「何を伝えたいか」が明確だから、「どう伝えればいいか」を追求する欲求が生まれ、その欲求があるからこそ読み手の心を揺さぶるようなオーラが生まれる。

マーケティングもまったく同じ。

大切なのは「意図」です。



弊社ではこれからもクライアントさんの意図をねちねちと追及していきたいと思います。





000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!




工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー