今日は(も?)趣味ネタ。

ドラフト会議、終わりましたね。

17時からスマホでテレビ&その後はネットのドラフト速報をチラチラ見ながら楽しませていただきました。 

甲子園で活躍したスターの卵たちの交渉権獲得チームが続々と決まっていく一方、名前が挙がりながらも結局最後まで指名がかからない選手がいるのも毎年の風物詩。

球団の思惑、将来のビジョン、選手たちの気持ち、応援する家族や関係者さんの心境。そして私たちファンの悲喜こもごも。

縁や運がぐるぐると絡み合いながら選手たちの新たなスタート先が決まっていく様は、何度見てもドキドキします。

個人的には一時行われていた逆指名や分離ドラフトよりも今のウェーバー方式の方が好きですが、意中の球団がある選手たちにとっては複雑かもしれませんね。

今年は本指名と育成契約あわせて104名だけがチャレンジできるプロ野球の世界。
悔いのないように頑張って、夢を掴み取って欲しいと思います。





・・・ちなみに我がスワローズは、根尾選手の抽選を外し、ハズレ一位の上茶谷投手の抽選も外すという、相変わらずのクジ運の無さをいかんなく発揮してくれました(苦笑

昔は、荒木大輔や池山、伊藤智、高井(雄平)、佐藤由規、高野光など、バンバン引き当ててたんですけどねぇ・・・

でも、ビッグネームこそいないものの、選手の育成と即戦力がバランスの取れた良い指名だったように思います。
来シーズンが楽しみです。





000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!




工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー