クライアントさんからの電話。

10月に入ってからまさかと思うようなアクシデントに次から次へと巻き込まれていたそうですが、それを吹き飛ばすような素晴らしい朗報が舞い込んできたそうです。

詳しく書けないのが残念ですけど、人生というのはバランスが取れているというか、お天道さまがちゃんと見てくれているというか、収束する目に見えない流れがちゃんとあるんだなと感じます。

いつも前向きなクライアントさんだからこそ、負の連鎖を断ち切れたのかな。





心理学にもABC理論というものがあります。

例えば、コップに半分だけ水が入っているとします。

喉が乾いている時にそのコップを見て

・「ああ~もう半分しか水がない」

と考えるのか

・「うん、まだ半分も水が残っている」

と考えるのかによって180度捉え方が変わってきます。


人は出来事としての現象ではなく、その現象に対する考え方で一喜一憂する生き物。

どちらが良い悪いではないのですが、悲観的な人はポジティブシンキングに。楽観的すぎる人はネガティブに考えてみることで、いつもと違ったものの見え方ができるようになります。




偶然にも、Yahoo!ニュースにも同じような話が載っていました。



「ごめんなさい」大量投稿、その理由は… 
誤変換メールを笑いに昇華
柔軟に洗い流したセガと花王に聞いた

(Yahoo!ニュース)


720719


 
災い転じて福となす。
好事魔多し。

この2つはまったく反対の意味ですが、根本は同じ。

調子の良い時は慎重に。
調子の悪い時は大胆に。

その使い分けとバランスが大切なのかなと思います。



すべては自分の心の持ち方次第。

私もしっかり肝に銘じておきます。




000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!





工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー