今日は近畿のクライアントさんでの情報誌コンサル。 
前回決めた各コーナーの意図がきちんと伝わる文章になっているかどうか、みんなで読み合わせです。

記事の文章が面白いかどうかをチェックするのは誰でも出来ますが、情報誌はあくまで会社の売上アップのために費用と時間を使って作るもの。

ただ作るだけでなく、イベントへの誘導や営業トークだけでは伝わりにくいものをどうやって補完していくかが重要になります。

USPを元にした情報発信は、各スタッフの意識がそこに向いていないとなかなか出来ないもの。
今日は少し厳しいことを言いましたが、「なんのために」情報誌を出すのかをもう一度見つめ直すきっかけになっていれば幸いです。



午後からはかなり濃い内容の話し合い。
話し合いの詳細についてはここでは書きませんが、ジョハリの窓の「B」の部分を認識することで、自己評価と他者評価とのギャップを埋めることに繋がります。


Johari01


自分が知らない自分を認識するのは時として苦痛が伴います。
しかし、そこを受け入れて改善することで円滑なコミュニケーションが可能になりますし、新しい自分に気づくことだってできます。


「雪が降っても自分の責任」。

今日はなかなか整理できないことだとは思いますが、プラスに転化していただくことを願っています。




000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!




工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー