人生は選択と決断の連続だけれども、人はいつもそんなに強くない。
責任ある仕事をしている男性がその選択と決断に疲れた時、誰にも相談できないとしたらどうするのか?

そんなテーマの記事を興味深く読みました。


『男性たちもハマる占い、その知られざる効果』
東洋経済オンライン


640


私は占いのお世話になったことはありませんが、経営者の方から「信頼している占い師がいる」という話は意外とよく聞きます。

社員として会社に守られている時にはまったく感じることができませんでしたが、選択を誤れば従業員とその家族を路頭に迷わせてしまう恐怖は、経営者にとってかなり大きなプレッシャーとなります。
従業員や家族、同業者に相談できる内容でもないため、記事中のように『話を聞いてくれる相手』がいると心強いのだと思います。「経営者は孤独」と言われる所以ですね。


普段は口にできなかったり考えがまとまっていないことを「見える化」するだけですっきりする。

記事の中で占いのカウンセリング効果に言及されていますが、読んでるうちに弊社の仕事も同じようなものだなと思いました。

クライアントさんの社長が感覚で考えていることを「見える化」してすっきりさせ、従業員に伝わりやすくする。コンサルティングというよりカウンセリングに近い業務内容なので、「アブリダス」というネーミングは言い得て妙だなと改めて実感しました。


クライアントさんの良き相談相手・・・というより「なんでも後腐れなく話せる良き話し相手」になれるよう、人としてレベルアップをしていきたいと思います。




000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!




工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー