自分のおでこに「3」の数字を書くことで、
・自分中心の思考
なのか
・相手中心の思考
なのかが分かる、というユニークな記事がありました。

    ↓ ↓ ↓

女性上司に「評価されない」男の残念な思考法
おでこに「3」を書くと思考の癖がモロバレ!
(東洋経済ONLINE)

638



詳細は記事を参照していただきたいのですが、ざっくりまとめると

・「自分」から見て「おでこの右上」から3を書き始めた人は、考えを相手に伝えるのが上手な人。

・「自分」から見て「おでこの左上」から書き始めた人は、考えを相手に伝えるのが苦手な人。

なんだそうです。


実験データとしては真偽が不明ですが、考え方としてはとても面白いですね。

言い換えると、相手のことを考えながら「伝わる」工夫ができる人かどうかをチェックする意味合いもありそうです。

記事のタイトルは目を引かせるために「女性上司」と「男性部下」にフォーカスをしていますが、性別や立場を問わず、円滑な人間関係とコミュニケーションのためにとても大切な考え方ですね。

弊社のコンサルや研修でも採り入れてみて、独自に実験データを積み重ねてみたいと思います。

皆さんは3の字をどちらから書きましたか?
(ちなみに私は右上から書き始めました。良かった良かった)



000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!




工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー