松下幸之助さんの「衆知経営」。
稲盛和夫さんの「アメーバ経営」。

本来、日本の企業が持っていた全員経営のDNAが、欧米型の分析的な経営手法が持て囃されたことで発揮できなくなってなっていると警鐘を鳴らすこの本を読んでいます。

_20170527_201039


社員一人ひとりが自分たちで考えて行動するために会社側が何をするべきか。
社員一人ひとりの長年の経験や勘に基づく知識(暗黙知)をいかに共有できるようにするか。 

多くのクライアントさんの悩み事を解決するヒントがたくさん隠されています。

弊社でも、そのクライアントさん独自の成功パターンを営業マニュアル化したり、凄腕設計士が感覚的に行なっているプランニングの秘訣を新人でもある程度再現できるようにフォーマット化する「ナレッジマネージメント」を心がけていますが、その精度を高めるためにもしっかり勉強したいと思います。


「考える力」と「伝える力」。
やっぱり大切ですね。



000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!




工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー