今日はクライアントのマネージャーさんによる、受注目標必達のための施策プレゼンに同行。

プレゼン相手は社長でしたが、何度もプレゼンの打ち合わせを重ねた甲斐あって「よくできてる」とのお褒めの言葉を頂きました。マネージャーさん、良かったですね! 

プレゼン=営業は、BtoCでもBtoBでも基本は同じ。
相手の表面上の願いではなく、心の奥底にある根っこのニーズを察知し、そのニーズを共通目的として「自分ならこうする」「こんなことができる」というお役立ち提案をする。

社長と従業員という近い関係性になるとどうしても近視眼的になって目先の数字を追うことが共通目的のように思えてしまいますが、経営者はもっと広い世界を見ているのでそれだけでは物足りなく感じてしまうもの。

今期の数字は上げられて当たり前。
さらにその先にある受注残の確保や資金繰りの安定化、部下の育成、さらには数年先の経営戦略のビジョンまで察知できれば、今よりも更に大きな世界が広がってきます。

私なんて足元にも及ばないスーパー営業マンが次なるステージでイキイキと躍動する姿を想像するだけでワクワクが止まりません。


次は全社員に向けてのプレゼンです。
頑張りましょう!
今日は本当にお疲れ様でした!




000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!




工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー