税理士さんに来てもらって弊社の売上管理。
ん~、第三者に見てもらうとまだまだやることたくさんあるなぁ。 
新たな目標が明確になりました。
中長期を見据えながら、目の前のこともしっかりこなしていきます。
うし、頑張ろう。



さてまったく話題は変わりますが、皆さんは「ほぼほぼ」という言葉を使いますか?
日常会話の中でも頻繁に耳にするようになりましたが、私はどうも違和感を感じるんですよねぇ。

「ほぼ」だけでも通じるのに、なんでもう一回繰り返すんや!

といつも心の中でツッコミを入れてます。



・・・が、実はすっかり市民権を得ている言葉なんですね。

ちょっと古い記事ですが、辞書でお馴染みの三省堂が選んだ「今年の新語2016」の大賞は、この「ほぼほぼ」だったそうです。

【三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2016」】


598


そっかぁ。
「ほぼ」よりも更に完璧に近い状態を表現するためにもう一回繰り返すんですね。
辞書に載るぐらい浸透してるならもう立派な日本語ですね。


でもなんか言い訳めいたニュアンスが感じられてあんまり好きじゃないなぁ。
言葉は生き物なので時代とともに変わっていくことは分かってますが、私はこの言葉を使うことはこれからもほぼほぼないでしょうね。


・・・・あっ。






ちなみに、うちの姪っ子が数年前に使っていた「テクい」は選ばれてませんでした。
こっちは「うまい表現だな」と感心したんですけどね。
意味はぜひ調べてみてください。




000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日もほぼほぼ2位をキープできるんでしょうか。
よければ【こちら】をクリックして応援してください!




工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー