今年から日本版の「ブラックフライデー」が活発化するようです。

耳慣れない言葉ですが、アメリカでは恒例になっている年に一度の年末セールのことで、売上が黒字になることから名づけられたそうです。

景気低迷で苦しむ日本の経済界がこのブラックフライデーに目をつけ、景気浮揚の起爆剤にするために一般への浸透を図っていくとのこと。

流通大手のイオンも今年初めて「ブラックフライデー」を導入し、11月25日~27日まで全国400店舗でセールを実施。その売上に注目が集まっています。


"日本版"ブラックフライデー イオンがカウントダウンイベントを実施 | AdverTimes(アドタイ)


消費者にとってはメリットの大きいイベントなので、ハロウィンのように日本でも広まるか注目ですね。





000
「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!




工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー