ブレークスルーアカデミーの大西です。

168「売れるものを売る」方がいいのか、
「売りたいものを売る」方がいいのか。

一般的には前者の「売れるものを売る」ことが大事と言われますが、後者の「売りたいものを売る」方法もちゃんと存在します。

そのために必要不可欠なのは、「なぜその商品を世に広めたいのか?」という想い。

弊社ではその想いを見える化して、消費者に届けるマーケティングサポートを行なっていますが、ほとんどの企業さんが「そりゃ、会社の売上を上げたいからだよ」という自己中心的な想いからスタートします。

でもそれでは単なる押し売り。
消費者がその想いに共感する理由が何一つありません。

売りたいものを売るためには、そんな「自己中心的な想い」を、「他人から応援される想い」に変換する作業が必要になります。



その手法は、

・社会貢献を訴える
・世の中の不便を解消する
・一生懸命さを伝える
・挑戦者としての姿を見せる
・弱みを自己開示する


などいろいろありますが、その中に【こんな会社で働きたい!(働きたかった)と思ってもらう】という方法もあります。

自分たちが諦めた夢に向かって頑張っている姿を見せることで、「良い会社だな。どうせ買うならこの会社からがいいな。」と思ってもらいやすくなり、価格競争を超えた世界で勝負することも可能になります。



そんな方法でヒット商品を生み出したキリンさんの記事がありました。


「ホームランか三振か」
大振りが当たったキリン「別格」開発秘話
(ダイヤモンド・オンライン)






「そんなことはできっこないよ」という世間の常識と戦う姿は他人の心をぐっと掴みますね。


ただ、その姿や想いが消費者に伝わらない限り、結局はただの自己満足で終わってしまう。

売れるものをリサーチする市場調査としてのマーケティングだけじゃなく、商品を見ただけでは分からない情熱や一生懸命さを伝える「想い伝達マーケティング」の重要性は、今後ますます大きくなっていくと感じます。



御社の商品やホームページ、チラシから、「こんな会社で働きたい!」と思ってもらえる想いが伝わってますか?



000

「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!

 

工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー