ブレークスルーアカデミーの大西です。

115チラシ、ホームページ、現場POPなどなど、建築業界の販促活動にはキャッチコピーが欠かせません。 
そこで今回から2回に分けて、「キャッチコピーの作り方」についてお話ししていきます。

いくつか例題も載せますが、ルールがひとつあります。
それは、

ただパクるのではなく、各お題について自分たちで考えてみること。


「今度の見学会の魅力を、自分たちで伝えるとしたらどんな表現になるだろう?」

と【自分ごと】として考えることで、社員さんの表現スキルは着実に上がります。
ぜひチャレンジしてみてください。

 



【お題1】見学会で見てもらう家の「早さ」をもっと伝える。

■テクニック① 数字で早さを表すと?

(例)「玄関を入ってたった1秒で木の香りに包まれます」
    「焼き肉の匂いがわずか30分で消えてなくなる塗り壁の消臭効果」
    「まな板から顔をあげて0.1秒でリビングの子どもの様子が分かる」






■テクニック② 何と比べてどれぐらい早い?(比較)
 
(例)「従来工法に比べ工期が15日短い」
    「ガスに比べお湯が沸くのが30%早い」
    「洗濯から干すまでの時間が20分短い(従来の当社の家にお住まいの方の感想)」







【お題2】見学会で見てもらう家の「安さ」をもっと伝える。
 
■テクニック① 何と比べてどれぐらい安い?

(例)「一般的な賃貸住宅に比べ、光熱費が月5,000円安い」
    「10年間のメンテナンス費用が、従来の工法に比べ200万円安い」
    「豊富な収納とスタディスペースで、住んだ後の家具の購入費が20%安い」







【お題3】見学会で見てもらう家の「新しさ」をもっと伝える。
 
■テクニック① 初登場
 
(例)「●●県で初登場!」
    「当社での試み!」
    「今まで味わえなかった木の香り」







■テクニック② イノベーション(革新)
 
(例)「業界ではじめて●●を達成した新システム
    「今までの業界の常識を打ち破る●●」
    「営業を廃止して設計士が直接お話しを伺う『キキダスプランニング』」







【お題4】見学会で見てもらう家の「古さ」をもっと伝える。
 
(例)「50年の実績から生まれた、●●地域にぴったりあった家」
    「この道40年のベテラン大工の技が詰まった階段」
    「古き良き伝統を現代に再現した●●な間取り」






【お題5】見学会で見てもらう家の「楽しさ」をもっと伝える。
 
(例)「毎日が遊園地!子供の笑い声が弾けるリビング」
    「仕事で疲れて帰って来ても元気になれる『リフレッシュ書斎』」
    「春は花見、夏はバーベキュー、秋はお月見、冬は雪を楽しめるウッドデッキ」






【お題6】見学会で見てもらう家の「効果」をもっと伝える。
 
(例)「見ちがえるように部屋が片付く『断捨離収納』」
    「小さい頃から思い描いていた家に住める『夢のプランニング』」
    「家づくりのギモンが1から10まで解決できる『はじめての家づくり勉強会』」







【お題7】見学会で見てもらう家の「人」をもっと伝える。
 
(例)「全国50社以上の住宅を研究した社長が考えぬいた『これからの日本の家』」
    「この道30年、『技術バカ社長』がたどり着いた家」
    「小児科の先生がうなった『子どもの健康をこれでもかと追求した家』」






【お題8】見学会で見てもらう家の「希少性」をもっと伝える。
 
(例)「寒さ厳しい●●地域の冬限定見学会
    「施主様のご厚意による2日間限定の見学会。この機会を逃すともう見られません
    「10歳以下のお子さまがいるご家庭限定の見学会」






【お題9】見学会で見てもらう家の「こだわり」をもっと伝える。
 
(例)「地元で育った木以外は絶対に使いません
    「快適さを追求して5年間かけて開発した●●断熱」
    「弊社の家にお住まいの主婦のみなさんのこだわりを凝縮した家」






今回はここまでです。

繰り返しになりますが、これらの例をそのまま使用するのではなく、

「自分たちの次の見学会のリビングについて、【こだわり】を表現するとしたらどうなるか?」

というように、社内で意見を出し合う機会を必ず設けてください。



※「工務店のキャッチコピーその2」はこちら
(6/28の夜に公開です)


000

「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!



工務店の売上アップのお手伝い。
ホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりならブレークスルーアカデミー