ブレークスルーアカデミーの大西です。

054今回から数回に分けて「情報誌のレイアウト」 について分解していきます。

初回の今日はトップページ編です。

※コーナー割についてはこちらの記事を参照



「トップページ」の大まかなレイアウトは右のようになります。

それぞれについて説明します。 


 
まずは、情報誌のトップページ全体の注意ポイントについて。

※赤色部分が注意ポイント

【注】
これが正解という訳ではありません。
各社でアレンジしてオリジナルのものを作るのが一番です。
が、迷ってしまって何も進まないぐらいなら、この通り作ってまずは【発行】をすることが重要です。


056



それぞれ解説します。


■情報誌の「ヘッダー」

ヘッダーは情報誌の顔となるエリアです。

055



■「ターゲットと情報誌の目的」

最上部には「ターゲットと情報誌の目的」を書きます。

【意図】

1.読み手に情報誌の概略を伝える
2.制作者が「どんな記事を書いたらいいんだろう?」と迷った時の【背骨】とする

【書き方】

(例)「●●な人に●●な情報をお届けする手づくり情報誌」



■「情報誌のタイトル」

情報誌の名前を書きます。

【書き方】

(例)「●●通信」「●●新聞」「●●便り」「●●ニュース」「●●かわら版」など・・・



■「号数」

通算の発行号数を書きます。

【書き方】

初回は「創刊号」。二回目以降は「vol.2」や「第2号」など。



■「発行人情報」

発行人である御社の情報を記載します。

【書き方】


会社名、住所、電話番号、FAX番号、URLなど。
「編集長」の所属部署と名前も忘れずに。



■「発行日」

発行日を決めないとズルズルと発行が遅れ、いつの間にやら立ち消えになってしまいます。
自らにプレッシャーを課すためにも、発行日は必ず記載してください。


(続く・・・)



000

「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!