ブレークスルーアカデミーの大西です。

今回も工務店さんの情報誌について。 

前回までのエントリーで「情報誌づくりのコツ」をお話ししてきたので、今回から具体的に「どうやって作ればいいか?」について解説します。


049まずは情報誌の「コーナー割り」について。

結論から先に言うと

・自社の魅力を伝えられるコーナー

をそれぞれ考えることが大切なのですが、 これから情報誌を作ろうという工務店さんにはハードルが高いと思います。

悩んで情報誌の発行につまづくぐらいなら、以下のコーナー割りをそのまま流用してください。




 
■情報誌のコーナー割り例


まず白紙のコピー用紙を用意します。
サイズはA4一枚でも、A3両面で二つ折りでも、B4の二つ折りでも構いませんが、悩むぐらいなら「A3の二つ折り」で始めてください。
(見た目はA4の4ページとなります)


その紙にコーナーレイアウトを割りつけていきますが、まずはコーナーを決めましょう。
おすすめしているコーナーは以下のとおりです。

この中からピックアップしてください。


■社長のコラム(1ページ)※社長。必須コーナー。
  →社長が印象に残った出来事と感想を書く。
   時には弱みを見せるのがポイント。

■主要営業マンや現場責任者のコラム(各半ページ)
  →同上。担当ごとにテーマを決めてもOK。

■建築中の現場レポート(1ページ)※現場監督
  →後に販売する住宅の建築進捗を書く。(写真要)

■お客さまの声(1ページ)※担当営業&新人営業
  →御社で家を建てたお客さまのインタビューを載せる。
   ・家を建てるようになったきっかけ
   ・なぜ当社に決めてくれたのか?
   ・実際に住んでみてどうか?    …etc

■誰でもできるメンテナンスの知恵(1ページ)※工務担当
  →クレセント錠の調整の仕方や、床補修の仕方などを図解入りで。
   (取引のあるメーカーさんに依頼しても可)

■建築用語集(半ページ)※工務担当
  →根太、入母屋、梁と桁の違い、など難しい建築用語を優しく解説

■先月行なったイベントのレポート(半ページ)※営業
  →見学会などの模様を写真と文章で報告。

■地元のおいしい店紹介(半ページ)※女性スタッフ
  →地域密着がウリであれば、地元のお店の紹介を。

■地元の歴史(半ページ)※女性スタッフ
  →地域密着がウリであれば、地元の歴史や雑学を。

■最新物件情報(1/3~半ページ)※営業担当者
  →不動産系の会社さんは、ホヤホヤの物件情報を。


コーナーが決まったあとは、レイアウトを考えていきます。

(次回以降に続く・・・)



000

「人気ブログランキング」に挑戦中。
今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!