DSC_1215今日は少し珍しい仕事の打ち合わせ。

船舶のエンジンの修理を専門に行なっている会社さんから、社内向けのセミナーのご依頼がありました。

「いい仕事をしている」ことに満足するのではなく、千差万別のお客さんのニーズをどう汲み取るか、どう対応するかという「人間力」を高める内容にしたいとのこと。


建築業界でも同じことが言えますね。

いい家を建てていれば受注につながる

のではなく、

・なんのためにいい家を建てるのか?
・そのためにどんな努力をしているのか? 
・そのスキルを活かして、どんなお客さんの役に立ちたいのか?

を常に意識して、それを伝える。

いわば、技術の裏にある【人間力】が、現場監督や職人さん、そして社員全体にも求められます。


「俺は職人肌だからそういうのは苦手」

というマインドブロックを解くために、セミナーの内容を練りあげたいと思います。



000

「人気ブログランキング」に挑戦中。

今日の順位は何位でしょう??
よければ【こちら】をクリックして応援してください!