ホームページを作り替える大きなきっかけとして

「資料請求が少なくなってきた」
 
という動機を挙げる工務店さんが多くいます。

詳しくお話を伺うと、「資料請求を増やす」ために
 
・アクセス数を増やしたい
・コンバージョン率(何かしらの申し込みをする率)を高めたい
・ユーザビリティー(お客さんが迷わないページ構成)を向上させたい
・見やすくすっきりとしたデザインにしたい

という希望を口にされます。

ホームページについてよく勉強されているのだと思いますが、残念ながらこれらを目標にホームページリニューアルをすると失敗します
 
住宅業界は特殊な例を除いてホームページだけで受注が取れることはありません。
あくまで実際に「会ってから」はじめて商談が始まります。

つまり、実際に会った時の「会社の魅力」を高めないことには、売上につながらないということです。






■会社の魅力って?

工務店さんの魅力は、大きく分けて2つあります。
ひとつは「モノ」
これは住宅の魅力のことですね。

これはどこの工務店さんでもホームページ上で熱心にアピールしています。
・木のこだわりについて
・断熱について
・気密性能について
・基礎について
・構造について
・ビニールクロスは使いません
・アフターはこんなことやってます
・保証はこうなってます・・・etc

でも、これらはそれぞれの工務店さんの魅力の「半分」でしかありません。
 
では残り半分は何か?

それは「ヒト(会社・スタッフ)」の魅力です。

実際に家を建てたお客さまに話を聞くと、「社長の人柄に惚れて・・・」とか「営業のAさんがとても一生懸命話を聞いてくれて・・・」というヒトの要素が決定打になってることが分かります。



01ウリ

では、皆さんのホームページの中で「ヒト(会社・スタッフ)」について書かれたページはどれぐらいありますか?

・会社概要
・社長のあいさつ
・スタッフ紹介
・お客さまの声

多くてもこれぐらいではないでしょうか?
ページの割合にして、ホームページ全体の10%もないところがほとんどです。
これではもったいないですね。

この「ヒト(会社・スタッフ)」の魅力をどうやって伝えるか?を考えることで、ホームページでできることはまだまだたくさんあるということになります。


しかし、この「ヒト(会社・スタッフ)」の伝え方が意外と難しい。

次回から効果的な伝え方についてお話ししていきます。