今日はクライアントさんの会社で、10時から23時までの「13時間マラソン会議」。 

営業マニュアルづくり、イベントの戦略会議、チラシの構成会議など、自社の強みを売上につなげる様々な打ち合わせを行ないました。

 

多種多様な打ち合わせを行なうアブリダスマーケティングですが、実はやることはひとつだけ。

 

「見える化」です。

 

社長の頭の中、社員さんの頭の中、今までの集客・受注の黄金パターン、お役立ちできるターゲットの設定、自社の強みなどは、なんだかモヤモヤしていて社長ですらはっきり言えないケースがほとんど。

 

それを見える化(視覚化)することで、現状の問題点や未来の方向性、他人の考え方や価値観があぶりだされて、具体的な行動に移ることができます。

DSC_1068その「見える化」のために絶対に必要なのが、この「ホワイトボード」

 

書いては消し、消しては書きを繰り返し、ひとつの打ち合わせ議題が終わる頃には大型のホワイトボードが10面以上埋まってることもザラです。

 

今日も大活躍してくれました。

 

 

地球連邦にとってのWBがホワイトベースなら、私にとってのWBはホワイトボードです。

なんのこっちゃ。