自社の強みを売上につなげる!「実践アブリダスマーケティング」byブレークスルーアカデミー

『自分たちらしい経営』をあぶりだす「アブリダスマーケティング」のブレークスルーアカデミー代表大西のブログです。工務店のホームページ制作、パンフレット制作、理念づくりをきっかけに、工務店の売上アップをお手伝いしています。

自社の強みを売上につなげる!「実践アブリダスマーケティング」byブレークスルーアカデミー イメージ画像

更新情報

住宅会社のイベントの花形といえば「完成見学会」。 自社がこだわった建物を見てもらう晴れ舞台であり、集客と受注に結びつける重要なイベントですから、どこの工務店さんもチラシ作りに気合が入ります。 そのチラシで重要なのが「キャッチコピー」。 一昔前までは「まだ
『キャッチコピーの尖らせ方【848日目】』の画像

チラシやホームページ、名刺などの販促ツールでは、会社や商品の魅力を最大限伝える必要があります。しかしそもそも「販促ツールで何を伝えればいいのか」を分かっていないケースが多い。「いや~それぐらい分かるでしょ」と思われるかもしれませんが、過去のクライアントさ
『「エレベーターピッチ」【847日目】』の画像

お世話になっている新建ハウジングさんが「おうちバコ」プロジェクトを立ちあげられました。ノベルティやイベントに使えるクラフトキットで、段ボールをパタパタと組み上げるだけでかわいい「おうち」になります。実際の大きさはこの写真の3倍あり、各種デコレーションも可能
『おうちバコ【846日目】』の画像

あの日は大阪の事務所にいましたが、ワンセグから流れてくるリアルタイムの光景に、ただただ呆然とする以外何もできませんでした。あれから4年。毎年この日は何を書けばいいのか分からなくなってしまいます。今日の追悼式での遺族代表、菅原彩加さんの言葉。私ならどうするの

今回のテーマは「チラシのターゲットの絞り方」。チラシが当たるかどうかは、ターゲットを決めた時点ですでに決まっていると言われます。突然ですが、ここに ・インクがとても長持ち ・何に書いてもすぐ消える ・値段が従来品の2倍高いという3つの特徴があるペンがあり

パブロ、ディエーゴ、ホセー、フランシスコ・デ・パウラ、ホアン・ネポムセーノ、マリーア・デ・ロス・レメディオス、クリスピーン、クリスピアーノ、デ・ラ・サンティシマ・トリニダード、ルイス・イ・ピカソ。舌を噛みそうなぐらい長い名前ですが、言わずと知れたあの大画
『【843日目】誰も理解してくれないピカソの絵を1億で売るには?』の画像

「とにかくナンバーワンになれ!」セミナーに行ったりビジネス書を読むと必ず言われるキーワードです。何事もそうですが、一番目と二番目では天と地ほどの差がついてしまいます。そのことを痛感させられるクイズがあります。あまりに有名なクイズなので多くの方が答えや意図
『【842日目】一番になれ!って言うけれど…』の画像

弊社では、・文章の書き方・文章の組み立て方・各種マーケティング・心理学・色使いといった「さまざまなテクニック」を使いながら、集客・受注に効果のある販促ツール作りの支援をしています。こうした「テクニック」に対するクライアントさんからのニーズはとても高いので
『【841日目】「心を動かすメッセージ」とは何なのか?』の画像

実は私、大学生時代に漫画家を目指していた時期がありました。落選し続けて夢破れてからかれこれ20数年。すっかり当時のことを忘れていた数日前、家の押入れの中からその時に描いていた漫画の原稿や下書きが出てきました。 「おお!」とテンションが上がって読んでみたもの
『【840日目】マンガに学ぶマーケティング』の画像

(「工務店が持つべきホームページとは?(その1)」からの続き)お客さんは、ホームページを隅々まで読み込んで「この会社は良さそうだな」と見学会に来てくれます。つまり、ホームページの中の御社に惚れつつある状態です。にも関わらず、1.ホームページに何が書いてあるか

↑このページのトップヘ